株主優待を活用しよう!

株式入門

株主優待とは、どういう意味なのか?

よく、「株主優待」という言葉を聞きますね。株主優待をフル活用する投資家の桐谷さんが有名です。株主優待とは一体何でしょうか。

株主優待は企業から株主へのプレゼント

「株主優待」という制度は、企業が株主に対して自社のことをもっと知ってもらうという目的で、自社製品やサービスの利用券などを配布することです。

化粧品会社なら化粧品のセット、飲食会社なら自社系列の店舗で使える食事券、航空会社なら運賃割引券などを用意しています。

株主から見ると「品物版配当」のようなイメージですが、配当を受けることは株主の権利(といっても業績が悪くて利益が出なければ受けられない)であるのに対して、株主優待は企業が株主へ配るお中元、お歳暮のような位置です。

株主優待はいつもらえるの?

株主優待制度の導入企業は上場・ジャスダック登録している企業のうち750社程度となっています。株主優待を受けるためには、権利確定日の株主名簿に株主の名前が載っていなければなりません。権利確定日は企業により異なりますが、多くの企業では決算と同じく3月31日を権利確定日としています。

また、企業によっては本決算と中間決算の2回を権利確定日としているところもあります。こうした企業では、1年に2回株主優待が受けられます。

コメント