株価が動くわけ

株式入門

なぜ、株は上がったり下がったりするのか?

株を買いたい人が多ければ株価が上がり、株を売りたい人が多くなると株価が下がります。株価をつくる「価格形成メカニズム」そのものは、とてもシンプルです。

「買い」圧力と「売り」圧力

株価が上がるケースは、現在の株価を割安だと考える人が多くなると、「高くなるのでは?」という思惑が働き、買い圧力となります。ここでは需要と供給のしくみが働き、買いたい(需要)と言う人が、売りたい(供給)と言う人を上回ると、株価が上昇していきます。

株価が下がるケースはこの逆になります。現在の株価を割高だと考える人が多くなると、「安くなるのでは?」という思惑が働き、売り圧力となって株価が下落します。

株価の指標

では何を根拠に割安、割高を判断するのでしょうか?

その根拠(要因)はいろいろありますが、基本的なものは企業業績や将来性、競争力のある新製品を生み出す力(技術開発力)、ブランドカ……などです。

ただ、業績が好調で株価が上がりそうな企業でも、金利や外国為替が大きく動くと、「将来の業績に悪影響が出るのではないか?」という読みから売られてしまうことがありますので油断できません。

コメント