投資をするか貯めておくか?

株式入門

預金と株はどう違う?

預金は銀行任せで、株はリスクもリターンも自己責任になります。預貯金と株式投資の大きな違いは以下の2点です。

元本が保証されているか?
金利が保証されているか?

預貯金はローリスク・ローリターン

銀行や郵便局が扱っている預貯金は、元本と金利が保証されています。例えば、銀行の定期預金の場合、銀行は預入時に金利を提示して元本の10万円を預かり運用するとします。満期には、元本の10万円に金利分の利息を上乗せして預金者に返しますが、この場合、運用のリスクをとっているのは銀行なので、運用がうまくいっても金利がアップするということはありません。

逆に失敗して損失が出たとしても(損失は銀行が被るので)預金者の元本と金利分の利息が減るということもありません。

株式投資はリスクを取るがリターンも大きい

株式投資では、元本の保証を証券会社も株を発行している企業もしていません。リスクは元本保証ではないので1株3000円で買った株が2500円に値下がりした場合、500円の損失は投資家自身が被ることになります。また、どのくらい値上がりするのかもあらかじめ決まっていないので、株価が上がれば上がった分だけ投資家自身が利益を得ることができます。このようにどちらも、メリット・デメリットがあります。

SMAM投信直販ネット
株主総会って何?
株式分割にはどんな意味がある?
配当って何?

コメント