株式指数とは

株式入門

日経平均って何の平均?

日経平均は、株式市場全体の動きを表す指標のことです。

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)は株式指標、株式指数と呼ばれています。このような株式指数は、株式市場全体の動きを表しています。

1日の指数の動きを追えば株式市場全体の1日の動きがわかりますしし、1カ月の動き追えば1カ月間で市場はどう動いたのか(活発に買われたのか、売りが多かったのか)がわかります。

個別株の動きだけ迫っていたのでは視野が狭くなってしまいがちなので、全体を把握することができますので指標の役割は重要です。

日経平均株価

東証1部市場から主要な225銘柄を選んで平均を算出(単純な平均値ではありません)。
また、225銘柄は随時入れ替えが行われています。
単位は円。株価の高い銘柄の動きに影響されやすいのが特徴です。

TOPIX

東証1部全銘柄を対象にして計算しています。1968年1月4日の時価総額を100として、いまの時価総額がどれだけ増えているかを表しています。単位はポイント。株式数の多い会社の株価に影響されやすくなっています。

コメント